父思いのパイパン娘


※自動再生の音量はミュート(消音)と初期設定されております。音量は音声マークより調整下さい。

「ただいま〜」夜の住宅街を歩いて帰宅したミニスカートにロングブーツ姿のみらいちゃん。ブーツを脱いでリビングに入ると「お帰り〜」と父が迎える。「今日は仕事はどうだったんだ?」と父が近況を聞くと「また上司にうるさく言われちゃった〜。頑張んなきゃ〜」と愚痴をこぼす。「そうか〜。お父さんのほうから言っておいてあげようか?」と娘を心配すると「えっ、いいよ、親馬鹿みたいだよ〜」と父の干渉は望んでいない様子。しかし「だっておまえの力だけじゃ大変だろう?おまえのためなら何だってしてあげるぞ?まあ、何かあったらいつでもお父さんに言いなさい。」と力になりたいと思いつつもあまり出しゃばらないようにする父。「ありがと〜」父の気持ちに安心する娘。「そういえばおまえ彼氏はどうなってるんだ?」と父としては最も気になる話。「ん?彼氏?・・・一応・・・いるよ〜」と恥ずかしがりながらも「まだ会う段階じゃないかな〜」と照れ隠し。「お付き合いが始まったら最初にお父さんに会わせるのが普通だろう?連れてきなさい。」ときっぱりという父に「う〜ん、考えとく〜」と曖昧な返事。「急いで連れてきなさい。」と話を進める父。彼氏の名前や仕事、学歴などを聞くも「そんなちゃらんぽらんな男とは今すぐ別れなさい。」と彼氏を認めな父。「おまえ、まさか・・・カラダの関係なんて持ってないよな?」と肉体関係の有無を聞くと「え〜、今時そんな堅い親なんていないよ〜」と暗に認める娘。「えっ?じゃあ、おまえ・・・もう・・・違うのか?」と娘が処女ではないことを許さないと言い出してしまう。「まあ、過ぎたことだからしかたないが・・・むやみに誰とでも寝るんじゃないぞ?」と釘を刺す。思わずお結経されてしまった娘は父に言われお風呂に入る。年頃の娘のカラダはピチピチとして水を弾く。綺麗になったところで自分お部屋に戻ると「あ〜あ、疲れちゃった〜」とベッドに横になる。すると催してしまったのか手が下半身へと伸びていく。足を大きく開きオマンコを弄り出すとすぐに感じて喘ぎ声が漏れ出す。ビチャビチャとイヤラシい音が部屋に響き悶え出す。ちょうどその時、父は2階へと上がり娘の部屋の前を通りかかる。父は部屋から聞こえてきた妖しい声が気になりそーっと娘の部屋のドアを開けるとそこにはあられもない姿でオナニーしている娘の姿があった・・・。偶然、娘のオナニー姿を覗いてしまった父。娘のオナニーに興奮し一人リビングでオナニーしている父を偶然見てしまった娘。「お母さんいなくなってから淋しいのね。」と娘は父がオナニーしているリビングに入っていく。慌てた父は取り繕うとするが娘は父がナインをしていたかを知っている。「淋しかったんだ〜。私が慰めてあげる。今日だけお母さんの代わりになってあげるよ。」と父の股間をまさぐり出す娘。「何言ってるんだよ。自分の娘にそんなことさせるなんて・・・」戸惑う父に「今日はいいって・・・」と父を慰めてあげたい娘は父の股間に蹲りチンポをまさぐり続ける。「これ以上はマズいぞ」必死に抗おうとする父だが娘は父の股間に舌を這わせていく・・・。父思いの娘が淋しい父を慰めるために父の肉棒を咥える。興奮した父も娘のオマンコを「全部見せてくれ」と大股開きにしてしまう。驚いたことに娘はなんとパイパンだった・・・。父と娘の禁断のシチュエーションプレイ物語。妄想好き、シチュエーションプレイ好きにお薦めする作品。

ユーザー評価
配信日 2020年03月24日
出演 みらい
収録時間 1:05:47
提供サイト H:G:M:O
種類 月額動画
再生回数 228


この動画に似た人気作品

ユーザーレビュー

  • まだユーザーレビューは投稿されていません

レビューを書く

評価:
0文字